「承認」

カウンセリングやコーチングをしている方々がよく使う言葉。
社会で使う一般的な「承認」とは若干違いがありますが、
心理学での「承認」いわば、相手の自己肯定感(自尊心)を
増強する行為です。

相手の感情を肯定する全ての言葉や行為が「承認」なのです。

言葉としての承認は以下のような事でしょう。

1.賞賛
  素晴らしい。
  さすがだな。
  
2.同意
  その通りだ。
  大賛成だよ。
  同感だ。

3.お礼・感謝
  ありがとう。
  あなたのお陰だよ。
  お世話になりました。

4.謝罪
  申し訳ありません。
  それは悪い事をしました。
  私の責任です。

5.期待・信頼の表示
  任せられるのはあなたしかいません。
  あなたと見込んでお願いしたい。
  期待していますよ。

6.激励
  その調子だ。がんばれ。
  君ならできる。
  君のやっていいる事は間違いない。

7.第三者承認の伝達
  部長が君の事をほめていたよ。
  君の実力はみんな認めている。
  Aさんがよろしく言っていたよ。

8.感情の伝達
  君が来ないとさみしいな。
  お話をうかがって力づけられました。

9.共感
  お気持ちは分ります。
  そう思うのも無理は無いですね。
  今回は残念でした。

10.存在の認知
  おや、髪切ったんですね。
  おや、今日のネクタイは青ですね。
  
11.行動の認知
  この仕事は君がやったんだな。
  この表を作ったのはあなたですね。
  今日は三社訪問したんだね。

など、、、、

こういった言葉を毎日使う事で、相手も気持ちいですし、
何より自分自身がとても素直になれると思います。

行動による「承認」は、またお話します。

(○´ω`○)ノ**SeeYou**(○´ω`○)ノ
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">