ユニファイドコミュニケーション

以前ブログに書いた「クラウドと労働コミュニケーション」の件は、
労働条件その中でもワークスタイルの変化を述べてみました。

今回もそれに関連する内容です。

ユニファイドコミュニケーション(UC)とは、
「電話・メール・テレビ会議・Web会議などの様々なコミュニケーションツールを
統合することによりもたらされる、効率的なコミュニケーションのこと。固定電話、
PC、PDAといった情報端末の種類に依拠することなく、多彩なコミュニケーションを
業務プロセスに応じて自在に使い分けられるようにすることで、ストレスフリーな
協同作業(コラボレーション)環境を実現する。コミュニケーションの効率化、高機能化を
通じて、オフィスワーカーの生産性を高める効果が見込める。IP電話の普及をはじめとした
情報インフラの進展を背景に、ビジネス社会に急速に普及しつつあり、グローバルな
コミュニケーション環境の構築やマーケティング分野などへの応用も期待されている。」
と説明されています。
なお、ユニファイドコミュニケーション(R)は、NECの登録商標だそうです。

簡単に説明してしまうとUCを導入する事で、業務プロセスを効率化し、TPOにあったツールを
使いコミュニケーションロスを減らすことにより、従来かかっていた経費の無駄を省こう
という事です。いわば経費の効率化、カッコよく言うと資源の効率化、ITらしい発想です。

しかし、以前も述べた通り、問題はあります。ワークスタイルを変えるという事です。
特に管理者側がワークスタイルの変化に対応出来うるかという事です。
ピラミッド型の経営では、UCの導入は非常に困難と言わざるを得ません。

私は、このようなスタイルが良い悪いを言うつもりは全くありません。
ツールの進化によりコミュニケーションのロスを低減する。一方で人間関係に何が起きて
いるのかを考えていきたいと思います。本音で話す若者はいまの世の中どれだけいるの
でしょうか。当社にも若い人間がいますが、常に裏表なく本音で付き合っています。
自分自身が裏表を作ってしまったら終わりだと思っています。非常に甘い考えかも知れま
せんが、当社の「一期一会」の理念からです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">